部門紹介

リハビリテーション部

 リハビリテーション部では、次の3つの分野において患者様の機能回復等のお手伝いを行っています。クリックすると各療法の詳しい情報をご覧いただけます。

    

リハビリテーションとは

「その人らしく生きる権利の回復」

 当院は、脳血管障害の患者様を中心として、お一人お一人の症状、また各時期にあわせたリハビリテーションを行なっています。患者様の生きる権利を回復するため、当院では医師の指示の下、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の他看護師や医療ソーシャルワーカーなどのスタッフがチームを組んで、総合的なリハビリテーションを展開しています。また、在宅に帰られた後は、必要に応じて訪問リハビリテーションを実施しており、家庭での生活の質(QOL)が向上するよう、専門のスタッフが対応させていただいております。

基本理念
日私たちは、患者様の自立と社会復帰、そして生活の質(quality of life:QOL)の向上を目標とし、身体的・精神的・社会的にわたって、チーム医療を展開し、総合的なリハビリテーション・サービスを提供いたします
基本方針
一 患者様へのサービスの向上を図るよう努力します
  ・量的にも質的にもサービスの向上を図ります
一 総合的なリハビリテーション・サービスの提供をするよう努力します
  ・リハビリテーションチームの強化を図ることで、総合的にサービスを提供させていただきます
一 先進的なリハビリテーションの実施に努めます
  ・勉強会や研修会に積極的に参加し、常に先進的なリハビリテーションが実施できるよう努力します
一 急性期から維持期までの一貫したリハビリテーションを実施します
  ・入院から在宅まで一貫したリハビリテーションを実施します

理学療法

 理学療法とは、病気・ケガによって身体が不自由となった方に対して、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療の一つです。
 最終的には、患者様の基本的な動作(寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩く)を回復、さらには生活復帰を目標に理学療法士が運動療法を行います。
 病院の中だけではなく、在宅でも専門のスタッフが訓練や家族の方も含めた家族指導を行って在宅復帰の実現を図っています。

 

作業療法

 作業療法は、患者様の日常生活の諸動作や社会生活に適応できることを目標に、作業療法士がアプローチします。
 具体的には、食事や排泄、着替えや身だしなみ、さらには入浴などの身の回り動作、掃除や洗濯、調理などの実際の生活に必要な行為について、指導・訓練していきます。在宅に復帰するにあたっては、家族の方への指導も含めて実施しています。

 

言語聴覚療法

 言語聴覚療法は、患者様の機能回復とコミュニケーション能力の改善および日常生活能力の改善・向上を目標に、言語聴覚士がアプローチしていきます。特に、脳血管障害の後遺症でおこる、話す・聞くといった言語機能の障害や食べる・飲むといった摂食・嚥下機能の障害に対して関っていきます。また注意力が低下したり、物事の構成が上手くいかないなどの高次脳機能の障害に対してもその回復に努めています。

 

 
▲ページの先頭に戻る