地域医療連携とは

 地域医療連携とは、桑名病院とその周りの地域の開業医の先生とが連絡を取り合いながら、地域の皆様の医療を行っていくことです。
 地域内でスムーズな医療連携を行うためには、病院と開業医でそれぞれの利点を生かした役割分担をしていく必要があります。

地域医療連携における病院の役割

■ 入院機能・・・患者の皆様が入院できるようベッドの調整。
■ 救急体制・・・24時間救急車を受け入れられるような体制作り。
■ 高度な医療サービス・・・高度医療機器の導入、高度な専門医療。

地域医療連携におけるかかりつけ医師の役割

■ 地域の皆様の身近な存在です。
■ いろいろな症状に対する知識を持っています。
■ 生活・家族も含めた医療をサポートしています。
■ 往診機能を持ち通院が困難な患者様でも対応できます。

かかりつけの開業医をお持ちの患者様の利点

■ 普段は通院に便利な地域の開業医にかかっても、いざという時には、桑名病院で迅速な処置を受けられます。
■ 高度な検査や手術を要する場合、桑名病院の最新の設備機器をご利用いただけます。
■ 桑名病院では、24時間体制で緊急時の受け入れを行っています。
■ 桑名病院と地域の開業医が役割分担をすることで、皆様は2つの医療機関から見守られる形になり、より安心できる医療を受けられます。

 
▲ページの先頭に戻る