麻酔科

概要と特色

 平成22年4月から麻酔科が新設されました。県内外の病院において15年以上の麻酔経験を持つ麻酔科専門の医師が常勤し、手術の麻酔を担当することになりました。手術室スタッフと協力しながら、皆様が安全にかつ安心して手術治療を受けられ、最大の治療効果があげられるように努めています。
 手術前には、さまざまな術前検査を踏まえ、それぞれの患者さんの全身状態や手術の術式を考慮し、その患者さんに最も適する麻酔方法を選択するようにしています。そして、選択した麻酔方法をしっかり説明して、麻酔に対する不安を取り除くことも大切なことと考えています。
 手術中には、さまざまなモニターを活用しながら術中の全身状態の安定をはかり、より安全で円滑に手術が行われるように麻酔管理をしています。
 また、さまざまな合併疾患をお持ちの患者さんについても、専門各科と協力体制をとって、より安全な麻酔管理を目指しています。

担当医師

國分 誠一郎 (新潟大学 平成2年卒業)

 
▲ページの先頭に戻る