消化器内科

概要と特色

 消化器内科は、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器疾患の診療を行なっています。各種疾患に対し、腹部レントゲン、腹部超音波、CT、MRI、上・下部内視鏡検査などで迅速な診断、治療を心掛けています。消化管出血、急性腹症などの急性疾患から、逆流性食道炎、胃潰瘍、慢性肝疾患(慢性B・C型肝炎、肝硬変)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)、過敏性腸症候群などの慢性疾患にも対応しています。
 悪性疾患については、胃癌、大腸癌、肝癌、膵臓癌、胆嚢癌などの早期診断を行い、内科的治療と外科的治療の適応を的確に判断し、適切な治療ができるように心掛けています。
 特殊治療としては、胃・十二指腸潰瘍に対するピロリ菌除菌療法、早期胃癌・大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術、閉塞性胆道疾患に対する経皮・内視鏡的ドレナージ術及びステント留置術、総胆管結石に対する内視鏡的採石術、慢性肝炎に対するインターフェロン治療、肝癌に対する経カテーテル治療などを行なっています。
 末期癌の患者様に対しては、原病の治療と平行して積極的に緩和医療を行なっています。また、外科と協力の上、内視鏡的胃瘻造設術にも対応しております。

近年の実績

【最近6年間の内視鏡検査数】

検査・治療 2013年 2014年 2015年 2016年
上部消化管内視鏡検査 967 914 884 814
下部消化管内視鏡検査 317 310 377 305
膵胆管造影

31

 5

9

9

内視鏡的採石術 21  11 15 14
内視鏡的粘膜切除術(胃癌) 12  11 3 7
内視鏡的粘膜切除術(大腸ポリープ) 205  221 223 190

 担当医師

菅野 智之 (新潟大学 平成23年卒業)

 
 
▲ページの先頭に戻る