脳神経外科(脳外科)

概要と特色

 脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷等脳神経疾患全般を扱っていますが、特に脳卒中診療には力を入れており、24時間救急体制を敷いて、いつでも緊急検査や点滴治療・手術ができるようになっています。脳梗塞が疑われる患者さんには最初にMRIを施行して発症4.5時間以内で適応があればtーPA治療を、tーPA治療の適応がなくても急性期血行再建の適応があればメルシー、ペナンブラ等を使用した急性期再開通療法を行うなど積極的な治療を行っています。
 脳動脈瘤に関しては、破裂・未破裂どちらの場合でも、クリッピング術かコイル塞栓術の手術選択を血管内治療専門医の資格がある脳神経外科医の常勤医2名を交えて検討を行い、患者さんに適切な手術方法を選択できるようにしています。
 脳腫瘍に関しては、必要に応じて新潟大学や県立がんセンターに連絡し、転院・治療をするようにしています。 また当院の最大の特色として急性期病棟と回復期リハビリ病棟が併設されているために、脳卒中の急性期治療が終わった患者さんで片麻痺などが残ってリハビリ訓練がさらに必要な場合、回復期リハビリ病棟にスムーズに移り、積極的にリハビリ訓練を行うことができる様になっています。

近年の実績

【手術・治療実績】

    平成28年 平成29年
手術

1.総手術件数

213件

283件

(内訳)

2.開頭術など

108件

135件

3.血管内手術 105件 139件

担当医師

渡邉 正人【理事長・病院長】 (新潟大学 昭和56年卒業)

日本脳神経外科学会/専門医

 

中里 真二 (新潟大学 昭和61年卒業)

日本脳神経外科学会/専門医、日本脳神経血管内治療学会/専門医

 

森田 幸太郎 (新潟大学 平成7年卒業)

日本脳神経外科学会/専門医、日本脳卒中学会/専門医、日本頭痛学会/頭痛専門医、日本脳血管内治療学会/専門医

 

梨本 岳雄 (秋田大学 平成12年卒業)

日本脳神経外科学会/専門医、、日本脳卒中学会/専門医、日本脊椎脊髄病学会/脊椎脊髄外科認定医

 

吉田 至誠 (新潟大学 平成25年卒業)

 

日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)への参加について

当科は、日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)に参加いたします。
この事業は、当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。
この事業を通じて、患者に最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

1.JND に登録する情報の内容

解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんのプライバシーは完全に保護されます。

2.登録する情報の管理・結果の公表

登録する情報は、それ自体で患者さん個⼈を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。
当科及びJND では登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決めを遵守しています。

3.登録の拒否や登録情報の確認

本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科 中里 真二 医師にその旨お申出くださいますようお願い致します。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

4.その他

研究事業についての資料閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照ください。

 

 
▲ページの先頭に戻る