入院費用について

当院は、平成23年4月1日より厚生労働省の指定によりDPC対象病院です。

DPC(診断群分類別包括制度)について

入院診療費の計算方法が、病気の種類と診療内容によって分類された「DPC」と呼ばれる制度に基づいて、あらかじめ厚生労働省の定めた1日あたりの定額部分と出来高による部分を組み合わせて計算する方式です。

医療費の内訳について

患者さまへのご請求は、「包括部分」+「出来高部分」となります。
なお、この他に特別室料等がある場合は、別途ご請求となります。

医療費の支払方法について

患者さまの保険医療に係る一部負担金の支払方法は変わりません。ただし、入院後患者さまの症状の経過や治療内容等によって、入院当初に確定した病名とは異なってしまう場合もあり、一部の請求額が変更となるため、退院時等に前月までの支払額との差額を調整することがあります。

DPCの対象とならない患者さまについて

全ての入院患者さまがDPCの対象となるのではありません。次の患者さまはDPCでなく全て出来高で診療費を計算します。
○保険適用外の医療を受けられる患者さま(自費診療、自賠責、労災、公務災害での入院患者さまなど)
○DPCの対象外の病棟に入院される患者さま(当院の場合は、回復期リハビリ病棟(5階東病棟)、地域包括ケア病棟(5階西病棟))

高額療養費制度のご案内

(会計窓口での支払いのご負担が軽減される制度)
70歳未満の患者様へ
平成19年4月より上記の患者様で入院の医療費の自己負担額が一定の基準に達し、所定の手続きをされ、認定証を提示されますと、会計窓口でお支払い頂きます金額が減額されることとなりました。

つきましては、支払の減額を希望される方におかれましては、それぞれの保険者にその月末(役所等は平日のみ)までに手続をされ、その後すぐに高額療養費限度額認定証が発行されますので、速やかに1階の受付窓口へご提示いただきますようお願いいたします。

手続の方法⇒いずれの場合も入院されているご本人の保険証・申請書・印鑑(三文判等でシャチハタは不可)が必要です。 
手続の場所
○国民健康保険 
新潟市の方⇒各区役所の国民健康保険医療給付窓口
国保組合保険の方⇒各国保組合医療給付担当窓口
  新潟市以外の方⇒各市長村の国民健康保険医療給付窓口
○社会保険
政府管掌の方⇒保険証に記載されてある全国健康保険協会医療給付窓口(各社会保険事務所)                  
共済組合保険の方⇒職場の労務担当者
組合管掌保険の方⇒職場の労務担当者
 なお、新潟市の国民健康保険及び政府管掌健康保険(全国健康保険協会)の申請用紙は当院にございますので必要な方はお申し出下さい。

 
▲ページの先頭に戻る