入院の前に

入院される時の持ち物は 食事 検査・手術・治療 電気器具 外出・外泊
いろいろなご相談 会計 保険証の確認 その他

入院される時の持ち物は

●診察券 ●印鑑 ●高齢者受給者証
●健康保険証(前期・後期高齢者受給者証、県障等の受給者証) ●公費県障等の受給者証
●高額療養費
「限度額適用認定証」又は「限度額適用・標準負担額認定証」(70歳未満で別紙の手続きをされて証書をお持ちの方)
●ドナーカード(ドナーカードをお持ちの方は医事課窓口または、病棟看護師にお申出ください。)
●下着(パンツのみ準備していただきます) ●今お飲みになっている薬 ●お薬手帳

入院セット(CSセット)について

CSセットをご利用いただくことで、入退院される際のご準備や毎日の洗濯、荷物を持っての往復などご家族の負担が軽減できます。
常に高温洗浄処理された清潔で安全な品物を利用することができ、院内感染予防の徹底ができます。
また、セット内容は患者様のニーズに合わせた種類をご用意しております。
身の回り品を心配することなく治療やリハビリに専念できる、便利なCSセットを是非ご利用ください。
※CSセットは有料となります。㈱エランがご用意します。
 
※私物の持ち込みは最小限にして下さい。

ご理解とご協力をお願いします。

↑ INDEXへ

食事

管理栄養士によって管理された食事を適時適温で提供しております。。献立表は各病棟に掲示しております。

↑ INDEXへ

検査・手術・治療

 検査や手術など、治療上のことがらについては予めご説明(インフォームドコンセント)の上、準備に入ります。又、病状について説明が必要な場合は予め お申し出下さい。
 なお、病状の変化に応じて、病室の移動や治療スケジュールの変更があります。

↑ INDEXへ

電気器具

 テレビはカード式でご利用いただけます。カードの販売機は3階・4階・5階デイルームに、又、精算機は1階医事課カウンター脇に設置してございます。
 原則として、電気製品の持込は禁止とします。

<火の用心>
●万一にそなえ非常口、消火器の位置などを確認しておいて下さい。
●災害の時は、病院職員や救助員の指示に従って下さい。

↑ INDEXへ

外出・外泊

 病状により限られた範囲内で、外出・外泊を認めることがございます。主治医の許可が必要ですから、予め看護師に申し出て下さい。

↑ INDEXへ

いろいろなご相談

ソーシャルワーカー 医療費の各種補助や、免除のことなど。
生活保護法のことなど。
退院後の施設や、自宅療養の援助、訪問介護のことなど。
薬剤師 服薬や副作用について
栄養士 食事指導や調理について
理学療法士など リハビリテーションのご相談
医事課 入院申込書、診断書、各種証明書、診療費の明細、高額療養費制度、負担金についてなど、質問にお答えします。
 診断書等は、作成に10日位かかりますから、入院中は看護師に、外来通院中は医事課に余裕をもって申し込んで下さい。又、お受け取りの際には電話で確認してからおいで下さい。

※いずれも看護師にお問い合わせください。看護師から各担当にご案内いたします。

↑ INDEXへ

会計

 入院医療費の本人負担分は、毎月10日前後に、前月分をまとめてご請求いたします。なるべく15日迄にお支払いいただきたいと存じます。退院の場合は、治療が終了して、請求書ができましたらご連絡を差し上げますので退院当日にお支払いいただける様、お願い申し上げます。お支払いは1階の医事課の会計窓口にてお願いします。(午後 5時まで)
 なお、請求についてご不審な点は、ご遠慮なく看護師又は直接医事課窓口にお申し出下さい。担当者からご説明いたします。

↑ INDEXへ

保険証の確認

 健康保険証に変更があった場合は必ず、窓口にお示し下さい。又、受給資格を確認するため、毎月1回は保険証(老人手帳、受給者証等)を医事課窓口にお示し下さい。

↑ INDEXへ

その他

1.駐車場
 入院期間中は、自家用車をなるべく駐車場にとめないで下さい。やむを得ず駐車する場合あるいは、 付き添いの方は、パスカード(1週間1,000円)をご購入いただけます。詳しくは病棟看護師にお問い合わせ下さい。
2.喫煙について
 喫煙は「健康」と相反することなので、病院敷地内は禁煙とさせていただきます。
3.私物の洗濯
 病棟内にコインランドリー(100円硬貨使用)の設備があります。又、洗濯(有料)を依頼される方は、看護職員にお申し出下さい。
4.盗難について
 多額の現金や貴金属は持参しないで下さい。病院専門の窃盗が入り込んで被害を与える場合が時々あります。被害を受けたと思われる時はすぐにお知らせ下さい。警察署と相談して対処します。
5.入院生活を明るく
 病室、病棟も小さなコミュニティです。患者さん相互の明るい関係と治療効果向上のために最小限のルールは守っていただきたいと思います。
 非常識な行為やルール違反があった場合は、病院管理者の名において強制的処分を取らざるを得ないこともあります。
6.病院・診療所の連携
 当院では、より充実した医療のため、かかりつけの医院・医療機関との連携を勧めています。かかりつけの先生がある方は、できるだけ担当医・看護師に告げて下さい。また、かかりつけの先生に病状を連絡するようにしておりますのでご理解下さい。
7. 医師、看護師、助手など職員へのお心遣いは、いかなる場合でも固くご辞退申し上げます。
ご不明な点がございましたら、お気軽に主治医または看護師に声をかけて下さい。
快適な入院生活が送れますようご協力いたします。
 
▲ページの先頭に戻る